twitterよもやまばなし

ネットで話題のニュースなどツイートしています!
 

2011年03月15日

遠藤未希さん あなたのアナウンスをお届けしたいのです。

宮城県南三陸町危機管理課職員 遠藤未希さん
あなたは最後の最後まで、職務を全うされたのですね。


恐怖の揺れを体感し、恐怖の津波を見つめながら、
それでも懸命に、「早く逃げてください」と、アナウンスし続けたのですね。


あなたの責任感と勇気に、
私は最大の敬意を表さずにいられません。


遠藤未希さん あなたはまだ、24歳だったのですね。
これからやりたいこともたくさんあったでしょうし、
おしゃれもしたいし、デートもしたいし、今年の9月が結婚式・・・
それから、親孝行もいっぱいしたかったのでしょうね・・・


突然の、信じられない地面の揺れを経験し、
迫り来る、大きな津波を目の当たりにしながら、

あなたはそれでも、職務を全うし、
町民のために「早く逃げてください」とアナウンスをし続けた・・・



遠藤未希さん 安心してくださいね。
あなたの命がけのアナウンスで、
命をつないだ方は、たくさんいらっしゃいますよ。


そしてね、あなたの命がけのアナウンスを、
今なお、震災被害で苦しんでおられる方に届けたい・・・


あなたのアナウンスを、たくさんの被災者の方にお届けしたいのです。


私は震災の影響がまったくない、地方で暮らしています。
食べるものにも、お風呂にも、トイレにも、何も困っていません。


東日本の大震災を報道で知り、何かお役に立てないかと思案しますが、
何の役にも立てていません。ごめんなさい。


あなたの防災無線放送は、あなたの魂そのものなのですね。
あなたの崇高な魂は、未来永劫受け継がれていかれると信じています。


東北関東大震災被災者の皆様、心よりお見舞い申し上げます。


まだまだ、ライフラインが復旧せず、食料、日用品も乏しく、
困窮されている方も多々いらっしゃることと思います。


命をかけて、最後まで職務を全うされた、
遠藤未希さんのアナウンスを聞いて、どうぞ希望を燃やし続けてください。


同じ日本人として、精一杯の応援をしたい、
そんな思いで、遠藤未希さんの命がけのアナウンスを、
お届けしたいのです。


日本中が、そして世界中が、
被災者の皆様を応援しています。


一刻でも早い復旧、復興を心よりお祈りいたします。


遠藤未希さん 心より、あなたを誇りに思います。


そして、あなたの勇気を教えていただいたサイトです。


毎日新聞 2011年3月13日 22時30分(最終更新 3月13日 23時52分)
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110314k0000m040103000c.html


地球大に考える 命かけた防災無線〜遠藤未希さんの声
http://condominium.at.webry.info/201103/article_2.html


「早く逃げて」防災無線...町民のため命と引換にアナウンスを続ける
http://www.youtube.com/watch?v=FWAiyoSflJw





posted by tora_tarou at 22:17| Comment(12) | TrackBack(0) | ツイッター よもやまばなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は当日埼玉県で震度5強でした。職場でした。揺れがおさまった後皆で笑ってました。
そんな中彼女がこんなに命を掛けて職務を全うしてたと思うと恥ずかしくなります。
私は、彼女に聞きたい。津波が目の前に迫ってきてるのに、何故マイクを離さなかったのか。怖いでしょ!死にたくないでしょ!
彼女を単に英雄とか言いたくはないんです。
私ならおそらく逃げます。最低でしょうか。
今、彼女が最期に観た映像を、最期の時になにを考えていたのか、自分の中で想像しています。
遠藤未希さんの名前は永遠に語り継がれる事でしょう。
彼女は最期の最期まで、自分のなすべき「仕事」をしてたんです。
Posted by iseeパパ at 2011年03月24日 01:24
遠藤さんの話をニュースで見ました。
泣きました。
そして彼女の行動に心の底から敬意を払いまいした。
Posted by おっち at 2011年03月25日 06:46
iseeパパさん
コメントありがとうございます。

そうですか。震度5強だったのですね。
私は経験したことがありません。
さぞ、驚かれたことでしょう。

私も遠藤未希さんの崇高な魂に心打たれました。涙がながれました。

今後とも日本中力を合わせて、
一刻でも早い復旧を目指して頑張りましょう。
Posted by とらたろう at 2011年03月26日 09:56
おっちさん
コメントありがとうございます。

遠藤未希さんの崇高な魂を受け継ぎ、
皆で力を合わせて、一刻でも早い復旧を目指し、
精進してまいりましょう。

Posted by とらたろう at 2011年03月26日 09:59
遠藤未希さんのこと、気持ちを込めて書いていただき、ありがとうございます。

未希さんは多くの心の中に生きつづけることでしょう。
ただただお礼がいいたくなったので。
Posted by ちゅー汰 at 2011年03月29日 15:39
ちゅー汰さん
コメントありがとうございます。

遠藤未希さんの命がけのアナウンスが、
震災被災地の皆様にしっかり届きますよう、
お祈りいたします。
Posted by とらたろう at 2011年03月30日 11:23
公務員の一人として、あなたの行動には感激いたします。ご冥福をお祈りするとともに、ご家族の方々にお悔やみ申し上げます。また一日も早い、復興を期待いたします。
Posted by at 2011年05月03日 07:15
コメントありがとうございます。

私も本日の朝刊で、
遠藤未希さんのご遺体が発見された事を知りました。

遠藤未希さんのご冥福をお祈りいたしますとともに、
ご家族の方に心よりお悔やみ申し上げます。
Posted by とらたろう at 2011年05月03日 18:58
ただ、彼女ばかりにスポットライトを当てるマスコミ報道には批判も出ているようだ。
 南三陸町の町長が彼女の死亡が確認された際のマスコミ取材に対して「個別的なことについてはコメントは差し控えたい」としか語らなかったことについて批判した人が、逆に「公人が一人の人間だけを特別扱いしていいとでも思っているのか?」と批判されていたが、それは確かに当然のことだ。遠藤未希さんだけが亡くなっているのではない。彼女は立派だが、マスコミのお涙頂戴的な報道とは距離を置く必要がある。それに影響され過ぎると、「贔屓の引き倒し」となり、かえって彼女やその遺族にとって気の毒な結果を生じさせる。
Posted by 国志館 at 2011年05月15日 17:27
国志館さん
コメントありがとうございます。

東日本大震災では、多くの方が、
惜しくも命を落とされました。
また、現在でも、
行方不明の方が多数いらっしゃいます。

遠藤未希さんばかりに、
スポットライトを当てるマスコミ報道により、
彼女やご遺族の方に迷惑がかかるのは、
決して許されることではありませんね。

私は大震災の翌日、
彼女のことをインターネットニュースで知り、
その翌日、記事に書いてツイッターに投稿しました。

今、被災地で、命からがら生き延びて、
茫然自失となっておられる方が、
ひとりでもいたとしたならば、

彼女の命がけのアナウンスを伝えて、
希望を灯して欲しかったのです。

東日本大震災でお亡くなりになられた方々の、
ご冥福を心よりお祈りいたします。

また、被災地の一刻でも早い復興を、
切に願ってやみません。

微力ですが、日本人の端くれとして、
心より応援させていただきます。

Posted by とらたろう at 2011年05月15日 18:43
初めてのコメントです。
 
前の投稿者の方が指摘されている遠藤未希さんの報道の件ですが、最初に報道したのはNHKだと記憶しています。最初は「こういう人がいた」という事実を知らせる程度のごく普通の報道でしたが、その後次第にマスコミの恣意的な演出が加えられた内容の報道になり、遠藤さんを称える人たちがいる一方で、「なぜ遠藤未希ばかり取り上げられるのか…」「他の人を救うために自らの命を落とした人は他にもたくさんいるのに…」といったような不公平感を背景にした疑問の声も出てきました。もっとも、遠藤さんの遺族には何の責任もないのですが、報道する側の要らぬ演出でそうした不満が生じ、被災された方々の心が分断されてしまっているとしたら本当に残念なことです。
 そう言えば、陸前高田市長の妻が遺体で発見された際の報道も事実を淡々と伝える姿勢とは明らかに違うものでした。マスコミは取材と称してドラマ化できるようなネタを探しています。要するに、人の不幸を商売の材料にしようという魂胆があるのです。前の方の指摘にもある通り、過剰な演出が施されたマスコミ報道とは距離を置き、踊らされないようにしないといけません。
Posted by 安息香酸 at 2011年05月18日 10:21
安息香酸さん
コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、東日本大震災において、
市民の命を守るために、
自らの命をなげうって、そして惜しくも命を落とされた方は、
たくさんいらっしゃいます。
心よりご冥福をお祈りいたします。

>報道する側の要らぬ演出でそうした不満が生じ、
>被災された方々の心が分断されてしまっているとしたら
>本当に残念なことです。

その通りだと思います。

ただ、マスコミが、人の不幸を商売の材料にしようという魂胆・・・、
というのは偏見があるのではないでしょうか。

マスコミにも、心ある方は、
たくさんいらっしゃると思いますよ。


Posted by とらたろう at 2011年05月18日 11:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
P R


ブログ管理人:とらたろう
tora_tarou.jpg

twitter:url
http://twitter.com/tora_tarou

カテゴリ
最近の記事
最近のコメント

ファルマスタッフ

タグクラウド